名刺印刷はオンラインショップに依頼しています

今働いている会社では社員一人ひとりに名刺が配られています。仕事をするうえで名刺はとても大切なものなので、切らさないようにしなければいけません。でも、かなりの人数の分を印刷するとなると、コスト的にもかなり大きな負担になるということで、経費削減の一環としてできるだけ安く印刷を依頼できるところを探すことになりました。そこで行き着いたのが印刷を専門に行っている業者さんが運営しているオンラインショップでした。名刺印刷にも対応していて、低料金で高品質な印刷を実現してくれるということで、さっそく見積もりを依頼したところ、これまでとは比べものにならないほど安く印刷してくれることがわかりました。しかも、嬉しかったのが納期の早さでした。15時までに注文すると、翌日には納品をしてもらえるので、急いでいるときも安心して依頼することがでるのはとても助かります。低料金で高品質ですし、納期も早いので、これからも利用していきたいです。


ビジネス社会で初対面の面談や人脈作りに役立つ名刺

ビジネスの社会でお互いに初対面の機会がしばしばありますが、ビジネスをスムーズに進めるにはお互いにコミュニケーションを十分に行う必要があります。ところが、初対面では進めようとするビジネスに対して相手がどのような立場で、どんな考え方をする人であるか、見極めができないとビジネスの具体的な進め方を話し合うこともできません。そこで、ビジネスの社会では所属する企業名と自分の名前や所属部署、役職等、初対面時に個人情報や企業情報を名刺に刷り込んで相手に知らせる習慣が昔からあります。そこで名刺交換をするとお互いに相手の基本的な情報が分かるので、面談のきっかけができてコミュニケーションが進み始めるわけです。今後益々、商品やサービスの販売にネット通販が広がっていくでしょうが、ビジネスの社会へ入って何年もたてば誰でも相当な人脈を持つようになります。少しでもビジネスを拡大しようと考えて日夜業務に邁進している人が人脈の束をめくりながらビジネス拡大に関係ありそうな企業名のついた人に面談を申し込んだり、適当な知り合い今後益々、商品やサービスの販売にネット通販が広がっていくでしょうが、ビジネスの社会へ入って何年もたてば誰でも相当な名刺の束を持つようになり、人脈作りが盛んに行われるわけです。


名刺にはやはりカラーを入れるべきでしょう

社会人として、欠かすことのできない名刺ですが、会社から配給されるものとは別に、プライベート用の物を用意することをお勧めします。会社を通じてのオフィシャルな関係においては用いることはできませんが、出会いの場、即ち名刺が必要となる中でのプライベートの割合は相当高いと言えます。その際に、会社のものだけでは十分に自分をアピールできません。あまりに肩書きや趣味など、書きすぎには要注意ですが、少し遊び心のある自己アピールを心がけてもよいでしょう。その印象が良ければ、そこからまた新たな仕事につながることもあります。プリンターを使ったりと自分でも作れますが、クオリティーが全く異なりますから、やはりきちんとしたものを外注すべきです。表面だけでなく、裏面に座右の銘を記したりするのもインパクトが強いです。否定されるのを恐れず、自分をアピールしましょう。

勤怠管理ネクストタイムは出退勤の丸めなどにもちろん対応しています。管理画面より簡単な方法で設定できます。 メンバーの勤務状況を把握して、過労働や残業の抑止などチームマネイジメントに役立ちます。 紙のタイムカードは購入費・輸送費・保管費等、想像以上の経費を必要とします。ネクストタイムカードは一切必要ありません。 ネクストタイムカードは月々の利用料金以上に御社の業務改善に貢献します。