費用はどれくらいかかる?養育費相談

離婚をした際にお子さんがいる場合には必ず養育費の問題が出ます。場合によっては養育費をもらわない、渡さないということもありますが、多くのケースでは養育費の支払いは今後の子供達にも関係することであるため、重要事項となります。しかし養育費をどれくらいにするか、何歳まで支払うかなどでもめることはとても多く、それが原因で離婚が成立するまで時間がかかってしまうということも珍しくありません。そんな養育費相談を専門家にした場合にはどれくらいの費用が必要となるのでしょうか。養育費相談の費用について知っておくことで、万が一という時には非常に役立ちます。個人で話し合うよりは専門家の力を借りたほうが両方にとってよい方法を選択することができる可能性があります。

養育費相談を弁護士にする場合は?

養育費について弁護士に相談する場合はその弁護士の設定した金額によって変わってきます。一般的な相場としては着手金だけでも20万円から30万円、法律相談として1時間1万円となっています。しかしここ最近の弁護士の中には10万円という安さに設定しているところもありますし、着手金は0円、そして完全成功報酬制というところもあります。ただし着手金が0円の場合は成功報酬が高額であることを見込んでいることも多く、成功報酬自体が少なければ引き受けないといった事務所もありますので注意しましょう。また成功報酬だけではなく、調停の当日に家庭裁判所まで行くための交通費やその他の実費など必要だった費用についても請求されることになります。実際に依頼する前にどういった費用が発生するかをきちんと確認しておく必要があるでしょう。

まずは無料相談で相談してみよう

弁護士に依頼する前にその弁護士が行なっている無料相談があれば、まずはそういったものを利用して相談してみるのが良いでしょう。例えば30分間だけ無料で相談できますよといった事務所もたくさんあります。その時に聞きたいことを忘れずに相談できるように電話やメールをする前に紙などに書いてまとめておいたほうが良いです。意外と電話の場合には時間が短いということで焦ってしまって弁護士に聞きたかったことをほとんど聞けなかったということも多いのです。そしてその無料相談の時間で、自分と相性が良さそうな弁護士であるか、その人柄なども確認してみるのがおすすめです。養育費の調停は他の法律相談より比較的短い期間で終わることも多いですが、一度ですむものではありませんからやはり相性の良い親身になってくれる弁護士に依頼するのが良いです。